日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ヴェルテンべルグ・フィル

2/16 所沢MUSEでの、飯森さん率いるヴェルテンべルグ・フィルのコンサートに出掛けてきました。このオケは、飯森さんが総監督を務める南ドイツ ロイトリンゲンを本拠地に活動しているオケだそうです。 ソリストは、リサイタルやオペラで活躍中のテノールの佐野成宏さん。

第1曲目 西村朗:管弦楽のためのファンファーレ(日本初演)で、ぐ、ぐっと気持ちを引き込まれる。これ、凄い!音が会場に渦を巻きながら、一陣の風となって舞い上がるよう…。この曲が、正直一番インパクトがあり、初演に立ち会えてかなり得した気分。こういう邦人作曲家の新作を、もっともっと聴きたいなあと思うのですが、新作はリスクを伴うのか、なかなか演奏される機会が少ないようで残念です。
佐野さんのテノールは、落ち着いた伸びのある声で、ヴェルディの「夜が静まった時」がとても素敵でした。高音部の伸びがとても気持ち良かったなあ。

2部はベートーヴェン交響曲第5番「運命」、席にもよるのかもしれませんが、全体的に、ちょっと押さえた感じに聴こえました。オケの中で眼を引いたのは、日本人の若いコンマスの方、オケの信頼を得るかなり実力のある方のよう…。全体を見ながら細やかにまたダイナミックに演奏する姿が、とても光ってました。

アンコールは、佐野さん「微笑みの国」より「君は我が心のすべて」
哀愁を帯びながらつややかな甘い声で歌い上げられ、観客席からはブラボー!
最後を締めくくったのは、ブラームスのハンガリー舞曲第1番、勢い良く指揮台に上がった飯森さん、かなり乗っていたみたいで、オヶをぐっとリードして華やかなフィナーレへ…。ブラボー!!の声がなかなか止まず、今日は観客もオケも一体感があったように思います。(う〜!もっとたくさんの人に聴いてもらいたい。もったいない!)

急遽思い立って出掛けたのでP席でしたけれど、正面とはまた違った音を楽しむ事ができて、やっぱり来て良かった!(オケの後ろから指揮者の表情を見るのもたのしいですね。)
[PR]
by keiyou-ai | 2006-02-18 01:30 | 鑑賞徒然