日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0059686_110124.jpgb0059686_1124747.jpg22日は、井筒屋での新春ミニコンサートで、朝からプログラムの準備や、花の準備等、慌ただしかったけれど、アットホームなミニコンサートになりホッとしています。

当日は、午後5時からのリハーサルにあわせ、照明の配線や調整、花の活け込み、看板の張り替え、会場設営、マイクやスピーカーの準備、記録用スタッフへのお願いなど、細々とした準備がたくさん…。照明用の調光器をどう配線したら良いのか分からずあたふたしたり、配線はしたものの電気がつかなかったりと番狂わせもありひやひやしました。照明に詳しいスタッフに問い合せたり、みんなで智恵を絞ったりと店番スタッフの協力で何とか間に合せる事ができました。 ホッ!
また、演奏の村上さんと石田さんには、新春&1周年記念ということで、「所沢のイメージを盛りこんだ選曲を是非お願いします」と、かなりわがままを言ってしまいましたが、快く引き受けて頂き心から感謝です。

今回、司会を担当したのですが、準備に気を取られて上がってしまい、本番では「あれ、打合せと違う事いってる〜!」内心かなり冷や汗…。今は、まだまだ要領悪い部分が目立ち、とてもスマートとは言えませんが、手作りコンサートの温かみだけは伝えたい…。演奏家にもお客様にも…。 (頭では分かっているのに、良い雰囲気を作って場を盛り上げるMCってとても難しいですね。)事前の打ち合わせ内容を、私の方でうまくまとめきれず流れがぎくしゃくした部分がありごめんなさいです。
しかし、村上さんの甘いサクソフォーンの音色と、石田さんの息のあった伴奏で、お客様にはとても喜んで頂けたようです。

シネマ音楽やジャズ、POPSからの曲中、とくに所沢をイメージした「永遠の友達」という邦人作曲家のサックス曲が、あまり演奏されない珍しい曲だそうでとても好評でした。穏やかな田園を思わせるアルトサックスの音色と小粋でモダンなピアノ伴奏が、とても心地良い曲。(郊外に茶畑が広がる田園風景と中心市街地のモダンな高層ビルをイメージして選ばれたそうです。)また、今回は、随分遠方からもお客様に来て頂き、前回を上回る入場者数で嬉しい限りです。

演奏して頂いたアルトサックスの村上さん、伴奏の石田さんの素敵な演奏 に、多謝!!2/7の横浜アリーナでの演奏、期待してます! ご協力頂いたスタッフの皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by keiyou-ai | 2006-01-26 00:21 | ボランティア徒然

ノスタルジー

週末のコンサートのタイトルにもあるこの言葉…。
数年前から、町越しの活動の中でも地域の古民家や施設を使用して、街の活性化につなげる手法が盛んに行なわれています。その基調になっているのが「ノスタルジー」なのかもしれません。
下記に関連した記事が載っています。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/warau/

都会の慌ただしい生活に疲れた時、故郷や幼少時を振り返るのも良いかもしれません。

いい加減歳をとってくると、もう一度しっかりと記憶を受け止め、そこを土台にして生きるしか無いんだと気付く時があります。善くも悪くも、逃げてもしょうがないんですよね。昔の事は、もう戻る事も変える事もできませんから…。
11回の引っ越しで、小さい時の写真も両親の写真も殆どなくしてしまいました。
だから、いまはこれからの生きてる時間の中で少しづつ残して行けたらいいかなと…。
子や孫には、現在がいつかノスタルジーになるのでしょうから…。

コンサートのプログラムデザインを考えながら、ふとそんな事を考えています。
少し後ろを振り返って、さてまた歩き出しますか…。
残された時間は、確実に少なくなって行きますしねえ。ふと浮かんだ先輩の言葉、「描かなくっちゃ!とにかく描け描けって神様が言ってるみたいなんだ…。」あの言葉の意味が、良く分かるような気が致します。
[PR]
by keiyou-ai | 2006-01-20 00:04 | 風の歌日記
b0059686_0235334.jpg昨年オープンした所沢中心市街地活性化拠点「井筒屋」は、本日満1歳を迎えました。

多くのボランティアスタッフが参加し始め、忙しい仕事の合間を縫って活動を続けてきました。少しづつ商店街の店主の人達や近隣に住む住民、テレビや新聞等の報道を見て、遠路はるばる見学に来られる方等、確実に小さな波紋が広がり始めています。
私達スタッフが関わっている事が、果たしてどの程度将来実を結ぶ事ができるのか、今はまだ見えませんけれど、何かが少しづつ変わり始めているという実感を持てる1周年記念日となりました。

b0059686_0241859.jpg06年の年明けは、一部の業態の好調感はあっても、自治体や街場の商業は相変わらず厳しい状態が続いています。ある意味大きな転換期を迎えているのかもしれません。そのような状況の中、私達スタッフが目指しているものは、街場の活性化といっても商店街そのものの活性化だけではありません。この所沢という街を、住み易い街として安心して暮し続けてもらえるよう、新旧の良いところをバランス良く取り入れた新しいコミュニティの要の施設、「井筒屋町造商店」と考えています。誰でもふらりと立ち寄れて、街場のさまざまな情報が集積し、そしてその街場の情報を市民や外部に広く発信し共有する場所…。そういう事を、1周年を迎えた本日、改めてみんなで確認しあいました。超高層ビルの林立する中心市街地で何となくホッとする場所…かな。

ほんの少しづつですが、小さな生き生きとした若葉が首をもたげ、青空を見上げ始めた…。ビル風はまだまだ冷たいけれど、ふっと春風が発ったような…、そんな感想を持った一周年記念日でした。これからも「井筒屋町造商店」を、どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by keiyou-ai | 2006-01-16 00:00 | ボランティア徒然
いよいよ1月15日、井筒屋は開店1周年を迎えます。
新春と1周年を祝い、下記新春ミニコンサートを企画致しました。井筒屋は、多くの市民の方々に愛される場所として、少しづつ認知されるようになって参りました。これからも、都市化の進む中心市街地の中で、居心地の良い拠点施設として親しまれ、また若い方々にも是非ご来店頂けるよう、スタッフ一同企画提案して行きたいと思っています。今回は、新春の華やかな展示の中、伸び盛りの若手演奏家お二人の素敵な演奏をお楽しみ下さい。

井筒屋新春ミニコンサート
NOSTALGIA 〜記憶に残る美しいメロディ…。あの名シ〜ン〜

b0059686_0441482.jpg

日時:2006年1月22日(日) 7:00pm開演
会場:井筒屋町造商店(所沢市中心市街地活性化拠点)
演奏者:村上 大(サクソフォーン)石田裕美子(伴奏)

      
   古き良き時代の歴史を育んできた井筒屋。その雰囲気を大切に
   サクソフォーンの美しい音色で、懐かしのジャズ、ポップス
   映画音楽をメインに選曲。一人一人のお客様が、ご自身の大切な
   ワンシーンを思い起こし楽しんでいただけるよう寛ぎの時間と
   空間をお届け致します。

演奏曲:グレン・ミラー/ムーンライト・セレナーデ
    ヘンリ−・マンシーニ/ムーンリバー
    カーペンターズ/青春の輝き
    ジョセフ・コスマ/枯れ葉
    H・カーミシェル/スターダスト他

お問い合わせ:井筒屋町造商店 04-2928-1453

皆様のご来場をお待ちしております。
[PR]
by keiyou-ai | 2006-01-12 00:58 | ボランティア徒然

背筋を伸ばして…

b0059686_0917100.jpg年末年始の休みが続いたせいか、鏡に映った姿はどうもいけません。しゃきっとしてないですねえ。

明日は、成人式。近くの市民会館では、今年も新成人の集いが開かれ賑やかになる事でしょう。団塊の世代の定年が今年来年と続き、景気の先行き観も少し明るいこの頃、若い人達にとっては、これから活躍の場も増える事と思います。小さくまとまらず、大きな夢を持って羽ばたいて欲しいなあと…。
若い人達のエネルギーにはとても及ばないけれど、せめて背筋をピシッと伸ばして肩を並べたいものです。

来週から、仕事も本格的に動きだします。

今年の目標
1、体力つける。(とにかく歩こう!)
2、背筋を伸ばす。(気持ちも姿勢も)
3、仕事のキャリアアップ!
4、趣味の華道で一級を目指す。(イベント用ディスプレイができるように)
5、個展を開けるよう時間を見つけてひたすら描く。(30点目標)
[PR]
by keiyou-ai | 2006-01-08 23:57 | 風の歌日記

仕事始め

b0059686_057755.jpg
今日から仕事始めです。

今朝は早朝からNHKの生放送の撮影があり、出社前に所沢の「井筒屋」で収録に参加してきました。11時20分〜45分の本番に備え、スタッフは7時半集合。当方は、甘酒の係だそうで、少し遅れて8時頃に到着し、甘酒の仕込みを手伝いました。9時から3回程通しのリハが入り、私は、井筒屋前で市民に甘酒の振る舞い係との事…。
本番では、周辺の子供達や通りがかりの方達も収録に参加してくれました。
隣接する高層ビルの前では、賑やかな重松流のお囃子、通りを歩きながら井筒屋の紹介、店頭で甘酒のお振る舞い、井筒屋店内で所沢絣のお話、モンペのショー、所沢小唄に合わせた地元劇団(にこっとチャチャ)の子供達の踊リ等、内容も盛り沢山で、15日に1周年を迎える井筒屋の華やかな仕事始めとなりました。
放映は、NHKの「いっと6けん」という番組中、所沢市のニュースコーナーで放送されたようですが、生放送だったので実際の映像は見られませんでした。残念!

私は、本番終了後に急いで出社。その後、打ち合わせや挨拶回りの準備と慌ただしい一日でした。ふ〜!
明日から本格的に仕事始めです。仕事とボランティアのバランスを取りながら、今年も楽しくできたらと思っています。
[PR]
by keiyou-ai | 2006-01-06 01:11 | ボランティア徒然

明日から始動!

明けて3日が経ちました。明日から、仕事始めの準備です。

書類整理は、家事に時間を取られてなかなか思うように進んでくれません。明後日から仕事始めだと言うのに困った!ぼやきながらも、一山づつ少なくなってはきましたけれど…。もう少しです。

3が日で嬉しかった事。

1、年始で里帰りした娘から部屋着をプレゼントされた事。
何と真っ赤なジャンパー風上着で、今風のデザイン…。し、しかし、かなり気恥ずかしい…。(一瞬、還暦の赤いちゃんちゃんこを連想してしまって…(爆) でも、娘がせっかく買ってくれましたので、有り難く着用しています。)

2、おみくじは、末吉。欲しなければ少しづつ願いは叶うそう…。
気を抜かず、マイペースでコツコツですね。

3、娘の手料理の腕が上がっていた事。おせち料理を作ってきてくれたのですが、いろいろ鍛えられたようで、美味しくできていました。久し振りに大人数分用意した煮しめ
もまずまずで満足!

ささやかな事ですが、さて明日からまた頑張ろう!と元気が出てきますね。今年は、久し振りにのんびりできて、本当に良いお正月でした。
[PR]
by keiyou-ai | 2006-01-04 00:32 | 風の歌日記
b0059686_12493165.jpg明けましておめでとうございます!

穏やかな新年の幕開けです。旧年中は、いろいろとたいへんな年でもありましたが、今年こそ穏やかな年であって欲しいと願っています。

少子化が進み、人口減が始まる転機の年となった昨年、いろいろな意味で今年は再生の年の第一歩かもしれません。また、地震に見舞われた新潟では、今年「大地の芸術祭」が予定されています。大きな被害の爪痕を、更に台風や大雪が襲っている新潟、そこに花開くのはどんな花なのでしょう。目が離せません。「アート」の意味を見極めたいと思います。

また、私事では、早速1月22日に2回めのミニコンサート、8年目に突入する地域イベントも2月から始まります。人と人が信頼しあえるような地域社会の一助になればと願い、今年も頑張るぞ!と初詣でお祈りしてきました。ささやかな事から、全てが始まるように思います。今年一年、一歩づつ前進できるように頑張りたいと思っています。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by keiyou-ai | 2006-01-01 12:52 | 風の歌日記