日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:風の歌日記( 179 )

いよいよ…



7/1から、いよいよ本年度の全県イベントがスタート!
今週一週間は、最終準備の為、県内13市町村を駆け回る…。

7月スタートと同時に、もう一本秋のアートイベントの準備が始まる…。
今年は、アート元年にも匹敵するプロジェクト、その中の一部を受け持つ
責任は重い…。

今年後半は、大きなチャレンジと試練の時期になりそうだなあ…。


ここのところ、連日の雨…。
でも、不思議な事に雨の日は気持ちがしっとりと落ち着く…。
公園で見かけた紫陽花も、庭の草花も生き生きとしている。
そういう些細な事が、仕事でたまった疲労を安らげてくれるから…。

さて、熱いコーヒーでひと休みして、部屋の片付け頑張りましょう!

b0059686_14205012.jpg

[PR]
by keiyou-ai | 2008-06-22 14:17 | 風の歌日記

e-モバイル

本日は、打ち合わせのため有楽町へ
打ち合わせ2本を終えて、駅前のビッグカメラに立ち寄った。

お目当ては、e-モバイルの契約…。
以前から、プレゼンや外回りでのメールチェックがスムーズに
できたらいいなあと思っていたので、MACコーナーに
立ち寄った。いろいろ店員さんと話して機種を選んでもらい
無事に契約してきました。

セットアップが終わり,早速試してみたらかなり使い勝手がいいです。
さくさく繋がり,メールもネット接続も満足満足…。
これで、プレゼンにもイベントにも使えそう。

明日から,早速フル活用かな…。
ちょっと嬉しい!
[PR]
by keiyou-ai | 2008-06-13 00:32 | 風の歌日記

対策は手作り…?

昨日の「中国製の冷凍食品から殺虫剤…」のニュースが、夕食の時に
話題になりました。
ニュースを聞いて、早速我が家の冷凍庫を覗いてみたら、輸入業者は
違っていたけれど、中国製のロールキャベツの冷凍食品が入っていた。
え〜っ、もしかしてこれも?
今迄、あまり気にしていなかったけれど、結構ショック!
こんなに身近な所にもあったとは…。
もう一度、周囲を見直さなくてはいけないなあ…。

我が家ではなるべく手作りで、食材を使い切るように、日頃から
買い置きはあまりしていない。
でも、共働きの身には、やはり冷凍食品は便利な食材…。
子供達がお弁当の時は、良く使っていた。
本当は、今回のニュースは氷山の一角みたいなものではないのかしら?
と心配になる。来年から孫も幼稚園、お弁当を持たせる事になるから
余計に気にかかる…。
食材を安心して使えるように、原因をしっかり調査して欲しいですね。

これからは、地元の農産物をメインに、手作りが一番の対策だねと
家族の意見が一致しました。地産地消…ですね。
ただ、今はどこのスーパーに行っても、野菜は地場産の物が手に入りますが
その他の肉や魚、加工品や調味料の原料迄、かなりの食材が輸入品…。

国内の農業や食品製造業が、ちゃんと成り立っていくような方法はないのかしら?
何としても食べ物だけは、新鮮で安全なものを供給して欲しいですね。

これを機会に、もう一度食の見直しをしようと思います…。
[PR]
by keiyou-ai | 2008-02-01 01:20 | 風の歌日記

宿題

好きな詩人がいる。
それは、谷川俊太郎さん。

直観的に好き…。
理由なんてなくて、只この詩人の中に共感できるものがあるから…。
「谷川俊太郎詩集」より引用

宿題

目をつぶっていると
神様が見えた

うす目をあいたら
神様は見えなくなった

はっきりと目をあいて
神様は見えるか見えないか
それが宿題


引用終わり

今、とても気になる詩です。
憧れるものや夢や希望を実現することは、頭の中で考えているだけでは
駄目で、汗水垂らして行動し実現してこそ生きる意味を見出せるのではと…。

子供の時、休みも終わろうとする頃、慌てて宿題やってたのを
思い出しました。(^^;)
平均寿命の2/3も生きてきちゃったけど、いつか神様見えるようになりたいな。

さて、ひとつずつ宿題片付けなくっちゃなあ。 b0059686_138169.jpg
[PR]
by keiyou-ai | 2008-01-23 01:45 | 風の歌日記

今年は…。

もう年明けて2週間が過ぎようとしています。
50代も半ばとなり,今年は特別に思うことがあります。

昨年、私よりずいぶんと若い従妹が突然亡くなりまし
た。人の命は、ほんとにわからないものです。
もう、これからはいつ何時お迎えが来るかわからな
い…。そう思ったら、本当に自分にとって意味ある
ことをできるところまでやってみたい。

やらないで後悔するよりも、ささやかな結果しか残せ
ないとしてもできるだけのことはやったと言えるように、
チャレンジしてみたいと思っています。

さすがに、あちこちにガタの来始めた体ですが、まだ
まだ少しは役に立つかなあと…。
以前のような無理はできないけれど、気持ちに張りを
持たせ好きなことは我慢しないでやってみよう。
自分の気持ちに正直に、この一年を過ごしてみようと
思っています。とにかくこの一日、ひと月、一年…を
大切に生きてみたい…。

久しぶりに来た孫たちをあやしながら、新たなスタート
を静かに決めた一日でした。
[PR]
by keiyou-ai | 2008-01-14 00:43 | 風の歌日記

謹賀新年!

明けましておめでとうございます。

晴れ渡った穏やかなお正月、久し振りにゆったりと過ごしています。
今年は、年明けからおみくじも大吉!
ほんとにそうなるように、頑張らなくっちゃなあって。

初夢は、良く覚えていないけど、相変わらず仕事に追い捲くられているような
緊張感ありでしたねえ。(汗)
少し、肩の力を抜いて「なるようになる」で行こう…。

今年は、いろいろな意味でやっと一人立ち…。
第2の人生の幕開けです。
昨年は、家庭では二人目の孫にも恵まれ、仕事では、厳しい中でも
さいたまオフィスを立ち上げました。これから本当の力が試される時です。
マイペースでコツコツと…かな。

この歳になって、本当に自分が好きな事、やりたい事がやっと少し
見えてきたような気がします。目の前の霧が晴れて行くように…。
どんな仕事でも、何かを作り出して行く事がやっぱり好きだったんだなあって。
良いものを見て、触って、食し、眼を肥やし、もっと感性を磨きたい…。
音楽、アート、文学の鑑賞も、自分で絵を描く事も、どれも奥が深い…。
今年もいろいろな作品を見て回ろう。これからも、ずっと描き続けよう。

仕事では、今年、企画が5本に増える予定。
ひとひとつ大切に作り込んで行きたいと、明後日からの始動を前に、
静かに腹を据えています。


こつこつと、相も変わらず一歩一歩かなあ。


初詣の露天で買った「福寿草」と「山百合」の球根、
春や夏に、花が咲いてくれたら嬉しいな。
一年中、花に囲まれて過ごせたら、とっても幸せ!

今年も、健康で無事に暮らせますように…。お祈り…。
[PR]
by keiyou-ai | 2008-01-02 12:00 | 風の歌日記

心に響く歌

昨夜NHKのSONGSという番組を見た。
心に響く歌…特集。
いろいろな歌が披露されたけれど、さだまさしさん作曲の「窓」?
だったかなあ。いい歌だったなあ。

病気で入院しているベッドの上から見える窓の景色。
閉塞感や焦燥感、いろいろな気持が交錯している人と
それを励ます人の言葉を列ねたものだったけど、
押し付けない優しさがいい。寄り添う感じ…。

以前に叔父が入院していた病院で、ほんの些細な事が
ご縁で出逢った末期癌の患者さんを思い出した。
40代の男性だったけど、仕事の関係で偶然見つかった
遺跡に興味を持ち、詳細な記録をとって立派な本を出版されていた。
本当に立派な記録書でした。
その本を叔父から借りて読んだのがご縁…。

ほんの数分ばかり、本の感想を話しただけなのだけど、その方は
寝たきりに近い病状にも関わらず、優しい奥様に支えられて
身体を起こしベッドに正座をしてお礼を述べられた。
私は、ただただ恐縮してしまって言葉もかえせなかった。
込み上げて来る熱いものを止めるのに必死で…。

精いっぱいの想い、でも本当に気持が通ったと思った瞬間…。
嬉しかった。

その後、その方は、叔父からの知らせで一月後に亡くなったと
聞いたけれど、大切な一期一会の機会を与えられたようで、
今も忘れられない。
「窓」小さな窓から見える空に、かすかな希望を見ている人が
今この瞬間にも大勢いらっしゃるんだろうなあ。

あの時の病床のご主人と優しく寄り添う奥さまの姿が、歌の情景に
重なるような素敵な歌でした。
[PR]
by keiyou-ai | 2007-12-07 00:12 | 風の歌日記

嬉しい便りが・・・

昨日、M音大から楽器博物館所蔵の楽器を掲載した来年度のカレンダーが
届きました。とっても嬉しいです!
音楽には欠かせない楽器たち。その形も装飾も繊細な色合いも、なんて
美しんでしょう!そっと、触れてみたい・・・。
昔の人たちは、楽器に手の込んだ装飾も加え、音楽も楽器も最高のものをと
希求したのではないでしょうか・・・。楽器そのものも一級の芸術品ですね。

現在は、大きなホールでの演奏が多いために、装飾をそぎ落としたシンプルで
力強い音の出るピアノですけれど、個人的なサロンの小規模なコンサートで
昔使用されたようなゴージャスなピアノで、繊細な音色の音楽を聴けたら
どんなに素敵だろうなあ・・・って。

来年は、素敵なカレンダーと一緒に音楽やアートに包まれた幸せな一年に
なれたらいいなあって思ってます。

そして、音楽やアートを通してたくさんの方たちとの良い出会いが
あったらいいなあとも・・・。う~、楽しみです。
[PR]
by keiyou-ai | 2007-11-24 17:43 | 風の歌日記

久しぶりの投稿

夏場に引っ越しや新事務所開設準備などで、まったく身動きとれず3か月以上も
ほったらかしにしていました。ふ~!

久しぶりの投稿です。
今日は、朝からもらい泣き・・・。
「波瀾万丈」という番組に、米良美一さんが出演していらっしゃいました。
今までの経緯は、「天使の声 生きながら生まれ変わる」という本に詳しいので
読んでいただきたいのですが、番組の最後に読み上げられたお母さまからの
手紙に思わず感涙してしまいました。

子を信頼し、優しくいたわるその文章に、慈愛に満ちた真の母親像を
見せていただいたように思います。毎日、相も変わらず娘と同じ目線で
言い合ってる自分が恥ずかしい・・・。

先天性の難病ということもおありになるからでしょうか?
「明日死ぬかもしれないから今を大切に生きていきたい・・・。」

それは、難病を抱えた方ばかりでなく、歳を重ねていけば同じように思います。
限られた命ということもありますし、また今の時代何が起こるかもわかりません。
一日一日、ささやかな喜びを見出しつつ今日一日を悔いなく過ごせたらいいなあと
・・・。
庭の草花の成長や子供たちの笑顔、お客様に喜ばれる仕事、愛犬の可愛いしぐさ、
友人たちとの語らい、日々の一見何気ないこともみなありがたい事だなあと・・・。
50代になってようやく気付き始めたようです。

今日は、テレビ番組を見て、いろいろ考えさせられる一日でした。
[PR]
by keiyou-ai | 2007-11-05 03:27 | 風の歌日記

ニュースから

先日のニュースから…。
映画監督河瀬直美さんの記事に心動かされました。

「かけがえのないものを追う」「映画作りは人生に似ている」という副題がついています。学生の頃担当講師に言われた言葉が、ずっと支えになっているそうです。「のっぴきならないテーマ」自分にとってかけがえのないものは何なのか。それをテーマに自分で手を動かし、足をバタバタさせ、………自分の触感を頼りに、懸命になって突き詰めてみるしかないと」…。

また、別の記事から…。

今話題になっているガウディ設計「聖家族教会 サグラダ・ファミリア」。ガウディがこの仕事に着手するきっかけとなった高級マンション「カサミラ」の失敗についての記事…。信仰に傾倒し始めていたガウディと資本家との亀裂から、経済的な支援を断たれ、教会建設に着手したそうです。歴史に残る教会の建設途中で事故死したガウディの生き方死に方についても触れられています。数世紀に渡って、浄財によって引き継がれていく教会建築、そのきっかけとなった彼の死に方は見事だったのではとも…。
記事を読んで、歴史に残る偉業とは、一個人の成功がもたらしたものではなく、荒れ狂う時代のうねりにも飲み込まれない、多くの人の強い意志とそれに応える天啓のようなものなのかも…と。どんなに優れた才能を持った方でも、個々の力だけではどうすることもできない…大きな運命の力みたいなものを感じました。

ささやかな自分に残された時間、自分にとって「のっぴきならないもの」に使いたいものですけど、それって、何…?
何だか、喉元にナイフを突き付けられたような気持です…。

何時の間にか、醒めたコーヒーを啜りながら、ふ〜っと大きな溜め息が…。
迷ってないで、とにかく目の前の事から片付けるのが、一番かな。

さて、気持を吹っ切って動きましょう!
[PR]
by keiyou-ai | 2007-07-03 20:23 | 風の歌日記