日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2004.11.08/ 日常に碇を下して…

 連日仕事に追われていると、その繰り返しだけが日常と思ってしまうこの頃。
そんな中、最近庭やベランダの草木が、季節に応じて微妙な変化をしていることに気付いた。さざんかが蕾をふくらまし、ホトトギスが今年は沢山の実をつけている。
いつもの見慣れた風景なのに、晩秋の光と日溜まりの中で見る草木は、何だか穏やかな気持ちにさせてくれる。春に掘り上げておいた水仙の球根を、先月の末に植え、ベランダの「青年の木」も背丈を超えて屋根に届いてしまったので、5本に切り分け挿木することにした。(まだベランダのバケツで根が出るのを待っている状態だけれど)来年の春には、水仙の花や木はどうなるのだろう…。これから冬を迎えるけれど、挿し木の「青年の木」が無事に冬越しをして、また成長してくれる事を待ちたいと思う。

 昨日は、長年苦労しながら頑張っていた母親思いの友人からメールが届いた。遂に結婚が決ったそうだ。良かった!今度こそしっかりと幸せを掴んで欲しいと心から願う。末永くお幸せに!
b0059686_11566.jpg

[PR]
by keiyou-ai | 2004-11-09 09:45 | 風の歌日記