日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

花の歳事記vol,1 むらさきしきぶ

vol,1  むらさきしきぶ
●分類/クマツヅラ科 ●花店での出回り時期/11月 ●花言葉/聡明
 
 四季折々、眼を楽しませてくれる花達との出逢いを、書き留めて行こうと思っています。華道を学び始めて18年。花達はいつもさりげなく傍にいて、心の慰めとなってくれました。
 むらさきしきぶは、「源氏物語」の作者、紫式部の名前から名付けられたようですが、華やかな宮廷のイメージとは程遠く、里山の薮や民家の庭、公園などで見かける地味な植物です。花も実も地味で、秋に実がむらさきに色付いて初めて気付きます。近くによって見ると、小粒でも上品な色合いが、華やかな宮廷生活の中で執筆する紫式部の聡明な姿を連想させます。
 花材としては、「コムラサキ」が主流のようですが、野外で見かける「むらさきしきぶ」は、実付きもまばらで色合いもあまりきれいではないので、観賞用は「オオムラサキシキブ」など、実付きも色合も豊かな品種が出回っているようです。

写真は、近くの自然公園で見かけた「むらさきしきぶ」です。
b0059686_839366.jpg
b0059686_8402191.jpg

[PR]
by keiyou-ai | 2004-11-09 08:41 | 花の歳事記