日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

心に響く歌

昨夜NHKのSONGSという番組を見た。
心に響く歌…特集。
いろいろな歌が披露されたけれど、さだまさしさん作曲の「窓」?
だったかなあ。いい歌だったなあ。

病気で入院しているベッドの上から見える窓の景色。
閉塞感や焦燥感、いろいろな気持が交錯している人と
それを励ます人の言葉を列ねたものだったけど、
押し付けない優しさがいい。寄り添う感じ…。

以前に叔父が入院していた病院で、ほんの些細な事が
ご縁で出逢った末期癌の患者さんを思い出した。
40代の男性だったけど、仕事の関係で偶然見つかった
遺跡に興味を持ち、詳細な記録をとって立派な本を出版されていた。
本当に立派な記録書でした。
その本を叔父から借りて読んだのがご縁…。

ほんの数分ばかり、本の感想を話しただけなのだけど、その方は
寝たきりに近い病状にも関わらず、優しい奥様に支えられて
身体を起こしベッドに正座をしてお礼を述べられた。
私は、ただただ恐縮してしまって言葉もかえせなかった。
込み上げて来る熱いものを止めるのに必死で…。

精いっぱいの想い、でも本当に気持が通ったと思った瞬間…。
嬉しかった。

その後、その方は、叔父からの知らせで一月後に亡くなったと
聞いたけれど、大切な一期一会の機会を与えられたようで、
今も忘れられない。
「窓」小さな窓から見える空に、かすかな希望を見ている人が
今この瞬間にも大勢いらっしゃるんだろうなあ。

あの時の病床のご主人と優しく寄り添う奥さまの姿が、歌の情景に
重なるような素敵な歌でした。
[PR]
by keiyou-ai | 2007-12-07 00:12 | 風の歌日記