日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

3月のうた

武満徹の曲にそういうのがありましたっけ…。
この歌とても好きなんです。大切なものを胸に決然と旅立つ歌だから…。

新年度の始まり迄後わずかとなりました。
今日の雨は、本格的な春を迎えるほんのりと柔らかい銀の雨…。
何だか、体中に生気が蘇って来るようです!

新年度から、またまた忙しくなりそうですが、それも嬉しい。
何はともあれ、健康で働ける歓び程嬉しい事はありません。

ここ数年、乳癌の疑いとかヘルニアの悪化とか肩凝り腰痛など、
年令を感じさせる症状が続き、ストレスかかりっぱなしだったけど、
それも気の持ちようかなあって…。そろそろ、自分の身体を労れって
ことなのでしょう。冬の間に体重も元に戻り、お陰で下っ腹のゆるみが
気になるようになりました。(^^)只今、食欲旺盛!うふ…!

旅たつ若い人達に贈りたい曲
「翼」 大きな空へ自分の翼を広げて雄々しく羽ばたいて欲しい…。

応援歌
「うたうだけ」 つらいときも悲しいときもあるだろうけど…。
「明日ハ晴レカナ曇リカナ」 晴れの時も曇りの時もいろいろあるけれど…それもいい

私の応援歌?(いいえ、逆転の発想です。(爆)
「ぽつねん」 桜の花を見る時は、うつむかないで、青空に映える桜をめでたいなあ
       祖母達のように、90近くなってもいつものように微笑んで働いて…。

武満徹 深いです。
久し振りに武満の歌曲集開いてみました。春雨煙る今日の日にぴったり…。
武満の描いた絵もとても魅力的です。

———————————————————————————————————————
独り言
この春、改めて自分にとって大切なものというのを実感している…。
今迄、ずっと気になっていた事があった。どうして、人はより高度に表現する事に
憧れ、チャレンジするのだろうって…。
心身ともに大きな負担を伴うリスクを負いながら…。
スポーツも芸術も、生きるという基本的な社会生活の中では、表面上重要な位置を
占めてはいないようにみえるのだけれど…。でも、無意識の内に求めてしまう…。

「アート」や「音楽」「文学」や「演劇、ダンス」等に接すると、さまざまな感情が
揺すぶられる。
「共感」や「畏敬」「絶望」「希望」「怒り」「悲しみ」「歓び」…。
アーティストの生き方そのものからにじみ出るからこそ、静かに深く激しく受け手の
感情に投影されて、反応するのかもしれない。この揺すぶりが年ごとに硬くなっていく
心情には、良い刺激となって活性化してくれる。
最近の経済誌でも「感動」「健康」「癒し」がキーワードだそう…。
スポーツや芸術が単純な「癒し」になるのかは疑問だけれど、選手達やアーティスト達が過酷な鍛練の上に花開かせる高度な技や作品は、多様な揺すぶりで5感を刺激する。それは、受け手側にとって共感や感動という形でカタルシスを与えるのかもしれない…。
そんな事が頭の中でぐるぐる回っているこの頃…。
う〜ん、やっぱりコンサートに行こう!ダ・ヴィンチ展で「受胎告知」を観てこよう!
要するに生活の基本を抑えつつ、後は自分にとっての優先順位で大切なものを選択するって事かなあ。(爆)
(単純に観に行きたいのです。つたなくても自分で表現してみたいのです。)
これは、心の栄養なんだからと言い聞かせ、薄っぺらい財布と相談している姿は、
何とも大衆的な喜劇ではありますけれど…。(^^:)
[PR]
by keiyou-ai | 2007-03-25 14:19 | 風の歌日記