日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ほんとのカッコ良さって…。

昨日、コンサートの帰りオッと思う光景に出逢いました。

その男性は、モヒカン刈りのヘアスタイル、大柄で鋲打ちのジーンズの上下に革ブーツ、愛車もファッションに合わせて黒革鋲打ち仕様。強面で黒尽くめのファッションに、一瞬引きぎみになりました。

でも、この方の傍には優しげな女性が付添っています。愛車は電動車椅子、頚椎に損傷があるようで右手以外は全身不髄のようです。スーパーマン役の俳優さんと同じ症状みたい…。以前は、運転が得意だったのかしら?電動車椅子をとてもスムースに運転しています。電車に乗る時補助に付く駅員さんより機敏な動き…。きっと、事故等で後天的に酷いダメージを受けられたのでしょう。ファッションからすると、ヘビメタがお好きなよう…。

同じ車両に乗り込む迄、その様子を眼で追いながら席につきました。
人にはさまざまな試練が訪れますね。否応なく…。
先程の方が、どれほどの思いでここまで精神的に回復為さったのか、ご本人も生死を彷徨い、それ以上に苦しいリハビリと訓練を乗り越え 今があるのではと…。きっと、傍らにはあの優しい奥様?恋人?ご家族なのかは分かりませんが、暖かく見守る方々の支えがあったのではないでしょうか。

私、とても感動しました!「生きる事」は生易しい事ではありません。
それぞれに背負わなければならない重い荷物が、必ずいくつかやってきます。支え切れずに潰れる人もたくさんいます。 自分はどうなんだろう。若い時からどう言う訳かさまざまなものがぶつかって来たけど、何とか今迄生き残って来た…。きっと、これからもだろうなあ。

そういえば、つま恋コンサートでも歌われた吉田拓郎さんの歌に「今日迄そして明日から」というのがあります。今日見た光景から、何故かこの歌がふっと浮かんできました。 肩ひじ張らず無理をせず、変えられないものは自然体で受け入れる。
そこから何ができるのか、ひとつひとつまた石を積み上げれば良いのではないかと…。車椅子の方と同乗したご縁、過ぎ去る車窓の灯りを見ながら、ほんとのカッコ良さってこういう生き方じゃないのかしらって…。

とても良い出会いをさせて頂きました。
これから、歳を取るごとに、もっともっと生老病死の過酷な状況がやってくるでしょう。そんな時、自然体で受け入れつつ楽しく生きる、その為のノウハウを今は学ぶ時期かも…です。楽しみ、楽しみ!!
[PR]
by keiyou-ai | 2007-02-18 15:23 | 風の歌日記