日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近気になる事

b0059686_0401986.jpgコンビニに、最近元気が出る本とか生き方本みたいなのが、小さなラックで何種類も販売されています。ちょっと気になって手にとってみました。
どれも、明瞭で優しい言葉だけれど、超前向きな文章ばかりです。うんうん、そうだと思うわとうなずきつつも、胸の当たりに引っ掛かるものがある…。
まてよ、確かに正論だけど、本を読んで人間そんなに簡単に前向きになれるのだろうか?見回すと、そういう手の本が一杯…。どれもこれも、人が本当に幸せなのは、才能でも、生れでも運でもない。失敗は成功の元、転んでも立ち上がればいい。今悩んでいるのは誰のせいでもない、ネガティブな考えで自分が招いた結果なのですみたいな…。

確かに、おっしゃるとおりです。現実は、思うように行かないし自分の現実は受け入れるしかないし誰のせいにもできない、自分で選んできたものだし大きな流れの中では、流される事もしばしばです。ただ、おかしいなあとも思うのです。
前向きになるには、ある線迄落ち込んで自分でしっかり受け入れる時間があってこそ…、そのプロセスからしか本当の元気は湧き出てこないのではと思います。心の底からぎりぎりの所で生きたいと思わなければ、前向きになれないのではと思ったりします。
ネガティブな部分があるからじっくり内面を振り返る事ができるし、どん底に達した時始めて上を見上げる事ができるのではと…。人各々にあった時間が必要なのではとも思います。

同じような超前向き本や冬ソナ風純愛本に泣ける映画等、あまりにも柳の下の二匹目のどじょうを狙うやり方が、何とも胸に引っ掛かって信用できないような気になってしまうのです。と、言いつつ気休めについつい買ってしまうんですけれど…。(爆)
何にしても、目の前のやるべきことをコツコツやって、少しづつ自信をつけていくのが
一番前向きな生き方かもとおばさんは思っています。
[PR]
by keiyou-ai | 2005-11-30 00:44 | 風の歌日記