日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

さわらびの湯

ここ数日、ブログも書く暇がないくらいいろいろと慌ただしくて、結構体に負担がきてたみたいです。腰痛、肩凝り、眼精疲労もろもろ…。さすがにきた〜って感じかな。

こんな時は、思い切って一日休養!と、10時頃迄ゆっくり休みました。
午後から、山の中のさわらびの湯へお風呂に入りに行こう!!と思い立ち、車で名栗へ向けていざ出発。ただ、相も変わらずのおっちょこちょい。名栗方面と秩父方面への道を間違え、正丸トンネル周りの山道行となりました。(爆)
山越えして(昔、友人がタイムラリーしてた事など思い出しながら)、やっとさわらびの湯へ到着。
ここは、名栗湖ダムの直下にあり、川沿いに面した木造の可愛い建物です。ホールは、大きな丸太の柱が多面体になるよう組まれていて、壁面も地場産の木材がふんだんにつかわれ、とても気持の良い造りになっています。名栗湖沿岸には、カヌー工房も有る為、壁面にカヌーの完成品も飾ってあり、木造の建物の雰囲気にマッチしてとても素敵です。階段を降りると中2階に休憩所があり、更に降りるとそこがお風呂の入口です。
脱衣所もお風呂もこじんまりした感じですが、浴場内にはサウナや打たせ湯、バルコニーには、4〜5人が入れるジャグジーも設置されています。
山間の可愛い山小屋風お風呂というイメージかなあ。

ここのお風呂は、子の権現やさわらび山など周辺の山登りを楽しんだ方達が、登山後汗を流す為に立ち寄られているみたいです。お天気がいまいちでしたけれど、山に登った後、お風呂で汗を流すのは、本当に気持のいいものでしょうね。これからは、紅葉も見られる時期ですから…。ボウの峰?を歩いてきたという健脚のご婦人に、健康の為にも山歩きは良いですよと薦められました。う〜ん、確かに。当方の虚弱な体格をみれば、お薦めになるのは納得ですが、まずは、基礎体力作りからかなあと、見事に筋肉質のご婦人をみて、しゅ〜んとしてしまった私です。(爆)

こちらも、日頃の疲れをゆっくりとジャグジーで発散させることができて、心身ともにすっきりしました。やっぱり温泉やお風呂が一番、改めて、日本人だなあと…。

さあ、明日からまた頑張りましょう!
[PR]
by keiyou-ai | 2005-10-16 18:46 | 風の歌日記