日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

キッズ・アート反省会

台風一過で真っ青に晴れ上がった空、でも茹だるような暑さにちょっとげんなりしています。今日は、夕方からキッズ・アートの反省会があり出掛けて来ました。

今回のキッズ・アートは、昨年より参加者も増え充実した3日間でした。中学生や高校生、大学生のボランティアの参加も多数あり、協力委員と合わせ50名程のスタッフ、参加者は1100名以上となかなか盛況でした。今年10年目ということで、M委員長はじめスタッフもいろいろと智恵を出し合ったり、ボランティアの学生さん達も積極的に参加してくれる等、総合的な成果が表れたキッズ・アート ギャラリーだったと思います。
市内の小・中学生や文化施設の活動グループの作品等の展示、隣接フロアでの常設ワークショップでは、大きな円盤を回しながら線を描いたり、折り紙を使った工作、新聞紙を丸めた棒を3角形に繋ぎながら増殖させて行く造型遊び、名画を使った鑑賞ワークショップ、カードを組み上げて行く立体造型、個性的なお面作り、その他盛り沢山の内容でした。定員ワークショップも、「廃ピン利用のアートワーク&ロダン体操」「UFOを作ろう」「ステップUP!デジカメ撮影」「ふらふら・ゆらゆら、カラフルモビール」「紙工作/お面を作ろう」「キッズ・アート アカデミー〜自画像を描く」などなど…ワークショップには、3日間で80名近くの子供達が参加してくれました。

公民館主催で生涯教育の一環としての「キッズ・アート ギャラリー」は、対象をキッズとしながらも、親子や中・高・大生、大人も楽しめる内容にして行きたいという意見や、専門的な内容も取り入れる、「感性豊かな入間っ子」を育てたい、学校教育との連携等、さまざまな意見や感想が出されました。個人的には、学校教育で出来ない親子や異年齢集団での制作活動、またどの子にも備わっているクリエイティブな能力を評価ということをせず、のびのびと表現できるような体験の場になればと思います。
熱心なリーダーの方がたの提案で、本日から来年に向けての準備会を設立するということになり、ますます充実した内容になるのではと楽しみです。

皆様、本当に3日間お疲れ様でした。私も楽しいワークショップを経験させていただき来年に向けてまたアイディアを練る事に致します。
[PR]
by keiyou-ai | 2005-07-29 00:09 | 風の歌日記