日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

雨も一興…

久し振りに、雨に濡れて帰って来ました。どうも、自転車に乗りながらの片手運転は危なっかしくて…。お陰で、上から下迄ずぶ濡れですが、何だか気分は「雨に歌えば」気分です。何年ぶりでしょう?雨を心から楽しく思えるなんて…。たまには、濡れ鼠になるのも一興ですね。

特別嬉しい事があったわけではありません。ただ何となく大きな懐に抱きとめられたような安堵感を雨の中に見つけたような気がして…。自然体でさまざまな物を受け入れる事ができるようになったのかもしれません。自然の力は偉大だなあと改めて感じたり…。読んでる人には、何を言っているのか意味が解らないですね。(爆)
自分でも感覚人間なので、上手く言えないんですけれど、何か大きな見えない力の中で活かされていると、今日は特に感じたものですから…。

正直に白状すると、やっと自分がやりたい事が見えたと思える出来事があったり、今迄の事を反省するチャンスに巡り会ったり、思ったよりまだエネルギーが残っているなあと、いろいろ気づく機会に恵まれたからかもしれません。本当は、心身共にバテバテなんですけどね。(今日の運転講習で、動態視力が最低、疲労の極致との診断が出て、かなり落ち込んではいるんです。)いくら頑張っても、体力の衰えは隠せません。ふ〜!
でもまあ、いつも体調は低空飛行で何度も危ない時期があっても、まだお呼びが掛らないと言うのは、もう少し修行してみたらと言う天からのメッセージかもしれませんし…。

後半月、7月の3人展迄カウントダウンが始まりました。先輩に「お前さんは、これで良い。これからまた次のステップに上がれたら新しい方向を定めろ!」とおっしゃって頂き、そうだなあと素直に思いました。一歩一歩着実に、それしか自分には出来ないのだからと…。精一杯頑張れればそれで悔い無し…かなあ。

まったく、能天気ですね…。(爆)
[PR]
by keiyou-ai | 2005-06-15 20:35 | 風の歌日記