日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ガツン…!

昨日は、朝からガツンと1発喰らってしまいました。

朝刊に「それでいいのですか?」という曲の歌詞が、広告欄に大きく載っていました。その歌詞の内容がかなりインパクト有りで、その歌を歌う「より子」さんの半生もまた強烈なインパクトがありました。
幼い頃に小児がんに冒され、長年の闘病生活の為に学校に行けず、好きな絵を描いたり耳コピーで曲を覚えたりしていたそうです。たまたまあったオルガンを手始めに、独学でピアノを学んだという「より子」さん。娘とひとつ違いで、まだ幼ささえ残る面立ちから、キッと強い視線がこちらを見据えています。いろんなものから逃げないまなざしのように見えます。

この歌詞は、自分自身への問いかけなのでしょうか?
「Cocoon」というアルバムタイトルからイメージされるのは、絶望の淵に立たされ、繭のように自分を内側に自ら閉じこめて生きる多くの人達への、強烈なメッセージのようにも思えます。
実際に視聴してみたい、そしてこのアルバムの歌詞を是非読んでみたいなあと…。生きたいという切実な思い、命の輝きともいえる存在感(オーラ)を感じる歌手の方のようです。
因に、この上に掲載されているパブは、今話題沸騰の男性版「白鳥の湖」。主役のホセ・ティラードは、最近TV番組にも出演していて、そのカッコよさに魅了された方も多いと思いますが、ダンサーの方達は、本当に姿勢が真直ぐでとても美しいですね。こちらの公演も、まさに衝撃的な舞台です。前回の公演の時も、行きたいなあと思いつつなかなか行けなかったので、上手く時間が取れれば…。し、しかし、チケットが結構お高いみたいだし…。悩む所です。
脱線してしまいましたが、「Cocoon」も「白鳥の湖」も厳しい人生を生きて行く上で、愛を求めざるを得ない私達が、迷ったり傷付いたり希望を失いかけたりした時、その弱さもみじめさも全て受け入れてみる、素の自分になって、それでもこうしたいと思う行動が、その人本来の生き方ではないか?という問いかけのよう…です。

「それでいいのですか?」の問いかけは、今の自分に一番ガツンときています。
 それでいい訳ない…。
[PR]
by keiyou-ai | 2005-02-21 10:19 | 風の歌日記