日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

随分さぼっちゃいました。

瞬く間の1週間。随分間が空いてしまいました。毎日書くと言うのは、なかなか大変な事ですね。
ところで、日本新聞協会で「HAPPY NEWS 2004」という募集をしています。2004年4月1日以降の新聞を読んで、HAPPYになった記事とその理由を書いて、投稿するというものです。2005年4月6日(新聞をヨム日)に発表なのだそうです。

私の中では、中越地震の被災地にお父さんの遺したリンゴ園のリンゴを1000箱も無償で提供した主婦の方の記事を、推したいなあと思います。
被災地の子供達に1個づつ配られたそうですが、リンゴもさることながら、その1個1個に添えられた励ましの言葉が、とても胸を打ちました。お年寄りには、「まだまだやらなければならない事がありますよ!」大黒柱のお父さんやお母さんには、「今こそ家族の為に頑張る時です。」そして子供達には「心配しなくていいよ。胸を張って顔を上げて希望を持って下さい。」等、真っ赤なリンゴと暖かい励ましの言葉は、不安な日々を送っていた人達にきっと希望や勇気の焔を灯したことと思います。

凄いなあと思ったのは、お父さんの遺したリンゴ園のリンゴを、まるごと全部送ると言う決断とそれを実行する行動力。この方のスケールの大きさは「ただ者じゃないぞ!」と…。そして、それを手伝うご家族や近所の人達、町の職員の方、小中学生のボランティアの子供達、皆の小さな善意が集まって出来たと言う事。
世の中、まだまだ捨てたもんじゃありませんね。こちらまで、暖かいものが伝わってきて、とてもとてもHAPPYな気持になってしまいました。

自分には、一体何ができるのだろう…。
[PR]
by keiyou-ai | 2005-02-05 00:47 | 風の歌日記