日々の生活の中で、ふと聞こえる心のつぶやき日記


by keiyou-ai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

充実の一日

今日も良い天気です。昨日は、充実した一日だったので、3時間の睡眠しか取れなくても、今朝は気持ちの良い目覚めでした。花梨酒、花梨の蜂蜜漬けに砂糖漬けもばっちりできましたし…楽しみ楽しみ!!さあ、きょうも一日頑張るぞ!

 ところで、昨日都内での打合せに出掛けた折り、私鉄の乗換駅にY新聞の広告ポスターが掲示されていました。「ハウルの動く城」をテーマに、記事風にまとめた内容でしたが、ちょっとひっかかりました。「最近は、お婆ちゃんに憧れる若者が多くなっている。歳の差なんて関係ない。心が元気であれば…」ここまでは、まあねえ、そりゃあ元気な方がいいですけどね。ところがです。その後がいけません。「男は若い時に年上と結ばれ、歳とったら若い娘と結婚するのがいい」とは…。は〜〜ってなもんです。母親に可愛がられて育った上に、其の延長で年上の女性にいっちょまえの男にしてもらって、歳とったら御恩返しに若い娘と結婚して老後も安泰って訳ですか?
結局、一生女性の世話にならないと生きて行けないのが、男なんですかねえ。なんか情けないですねえ。若者よ、こんな甘言に惑わされちゃいけません。若い時から、しっかり自分のやりたい事を見つけて、自分の力で良い男になれるよう苦労しながらでも自分を磨いて下さい。そういう本当にかっこいい男に女は惚れるんですから…。
娘さん、てかてかの脂ぎったおじさん達を相手に援助交際なんて辞めなさい。しっかりと目を開いて、一生懸命頑張ってる本当の男になれる若者を探しなさい。世の中の中高年のおじさん達の中で、本当に頼れるいい男なんてそうはいませんから…。

待て待て、何をムキになって息巻いてるんでしょうねえ。(爆)何にしても、男女とも自立した生活の上で、相互に信頼し愛し合えるのであれば、年齢なんて関係ないのでしょう。恋愛感情は、3〜4年で覚めるとか…。其の後、穏やかな愛情に変わっていける恋愛こそ、本物のような気がします。(でも、ここからが努力を必要とする部分でもあると思います、正直なところ…。(爆)葛藤の末の穏やかさであって、空気のように存在自体を意識しなくなればまずいと思います。)
そういう確固とした信頼関係が希薄だから、世の中純愛ブームなのだろうと合点がいった次第です。映画を見て涙してる場合じゃありません。若くても年老いても、心に残る良い恋愛を実践してみてはと…(余計なお世話ですが…。)そういってる本人は…?(爆)最近は、心身共にしなびれ過ぎて手後れの感じです。はい…。いくつになっても心の持ちようと言う事だと思いますが、身体の衰えは確実に精神の老化へと繋がっていきますので、よほど楽天的?か達観するか…ですかねえ。究極のマイナス思考タイプなので、どうも魂は地球外サロンに行っちゃってるかも…。(核爆)こんな事書くと、情けなくなるので、気持ちは「ソフィー」プラスα、このαが熟年女性の本当の魅力なのではと…。うふふ!(達観の前の開き直り??(^▽^;)


b0059686_10163793.jpg

[PR]
by keiyou-ai | 2004-11-26 10:20 | 風の歌日記